読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

冷し中華は1月2日から

SMAPと関ジャニ∞

我が誇り木村拓哉

私の誇りである木村拓哉カンヌ国際映画祭に招待されました。映画祭も70回目、三池さんの作品も100作目とゆう節目に私の大好きな木村くんが関われたことがとても幸せです。

映画祭中は天気も良好で気温も上々。比較的過ごしやすい中ではあるが厳戒体制の中、テロや暴動に巻き込まれることなく終われて良かったです。

写真撮影から始まり、そのときのスタイルはがっつり髪の毛をあげて全身を鮮やかな青色でまとめたスタイルで堂々とした立ち振舞いでした。
アナウンスでは"Japanese Star"や"Japanese band"と言われていて見ているこちらが幸せを噛み締める場面が多かったです。
主演としてはじめて、演者として2回目であったカンヌの地では三池さんと、特に杉咲さんをリードする様な振る舞いが沢山見受けられました。
そっと背中に手を回して先に行くように促したり、進んで通訳をしたり、と映画を離れたいまでも杉咲さんの"用心棒"であるように見られました。
海外記者、日本人記者から沢山のシャッターを向けられたりサインを求められたり...見知った人が居たときは笑顔と挨拶とサービスを向けて、どんな場所でも私の知っている木村くんで居てくれるのがとても嬉しかったです。

場所は移り、会見の場面となりました。
三池さんからは沢山のありがたいお言葉を頂きました。
"万次は木村拓哉しか演じられない。木村拓哉しか考えられなかった。"
"彼はスーパースターであり、スーパーアイドル"
"一緒に仕事ができて嬉しい。"
三池さんはいつも"キムタク"としての評価ではく"木村拓哉"として"SMAP"としての真っ当な評価と称賛を木村拓哉に与えてくれる。本当にありがたく幸せなことです。

三池さんの"万次は木村拓哉しか演じられない。"のコメントに進行者からは「じゃぁ、木村拓哉は不死身?」と聞かれていてその時の木村くんの反応は口元に手を持ってきて指を一本たててはにかんだ笑顔を浮かべていてとても無邪気で可愛かったです。
その他にも自分が剣道をしていたエピソードや「今まで何人を斬った?」とゆう質問もシークレットだよ。と口元に指を一本たてて笑顔を見せてくれた。
レッドカーペッドを歩き終えると最上部で空手のポーズを決めてこれもまた私の知ってるお茶目な木村くんの一面を見せてもらった気分になりました。


一方の木村くんは進行者から「万次の武器で一番欲しいものは?」と聞かれていて、彼はその時の問いには「万次のメンタル」とコメントしていた。
三池さんからは「"無限の住人"とゆう作品をリスペクトして欲しい。」と言われていたと木村くんは述べており、個性的な武器やアクションを見るのではなくまずは"万次"とゆう人物と向き合い、自分に憑依させていって万次そのものに"リスペクト"の目を向けていったのではないかと思いました。

海外記者からの質問では他にも気になるものがあった。"解散して寂しくなかった?"とゆうものだ。
"不仲で解散"と言われていた日本では一切、質問されてこなかったこの問いには驚いた。
海外と日本での"SMAP解散報道"の違いを感じざるを得なかった。
その質問に木村くんは
「事実は事実。前を見て進む。」(ニュアンス)と答えたらしい。
"寂しくないのか?"とゆう問いはバッサリ切って解散とゆう"事実"のみを述べたのだ。
木村くんは解散報道が出てから「自分の言葉で言える時が来たら、言います。」と言っている。
まだ、言えないのか。自身の気持ちより"守らなきゃいけないなにか"の為に隠さなきゃいけないことがあるんだろうな、と感じてしまった。
SMAP解散の危機を乗り越えるとき(つよぽんの活動休止)に彼はこう述べている。
「包み隠さず言おう。包み隠してたら俺らSMAPこの先ない。」
「止まっているわけにはいかない、応援してくれている人が背中を押してくれた。」
あの日、あの時から彼は一つも変わっていなかった。ただ、"何かを守るために"SMAP解散理由だけは嘘をつかないためにと今だに包み隠しているのだけれど。

日本である"ネガティブキャンペーン"については「ネガティブキャンペーンが実際にあるのも事実。そういうことも受け入れる。」とのこと。
""しならないと、折れてしまうよ""
と以前言った彼の言葉を思い出した。形を変えられながらも戦い続ける彼の事を私はいつまでも好きで、存在を自身の誇りと言ってしまうことをやめることが出来ないんだろうな、と思った。

カンヌ国際映画祭無限の住人上映後
2300人の観客からのスタンディングオベーションを木村くんは浴びたらしい。私はきっと、あの時の木村拓哉の顔を永遠に忘れることはできない。
f:id:fanttkuJ:20170521002647j:plainf:id:fanttkuJ:20170521002653j:plain

最大手である海外メディアのシネマ批評では既に80%以上の満足度を得ている"無限の住人"日本の宝である"チャンバラ映画""漫画"を世界に広めて好評価を貰えているのは日本人としても喜ばしい限りです。
三池さんは"日本ではチャンバラ映画が作りづらい。挑戦です。"と仰っていた。
その挑戦を是非、あなたの目でご覧ください。

("無限の住人"鑑賞の感想は

http://fanttkuj.hatenablog.com/entry/2017/04/29/123327 )

木村くんへ
無限の住人が世界に羽ばたきましたね。三池さんの100作目の挑戦に関われてファンとしてもとても喜ばしくそんな作品の主演を務めさせていただいたなんてとても幸せです。
騒動の最中、ライブの最中の撮影。
SMAPである時間とSMAPをとられた時間。そんな中でも三池組、三池さんにそれを気遣わせないようにと振る舞っていたことをはじめて知りました。
また、惚れ直してしまいました。
いつまでも、私の愛しい人で居てください。
沢山の喜びをくれて本当にありがとう。

'劇場'

帯に書いてある永田と沙紀のやり取りに心を奪われてしまい、思わず購入しました。
冒頭から暫くは状況描写が続くのですがとにかく表現力が凄い。状況が目を閉じると、瞼の裏側がスクリーンになったかの様に映像として浮かんでくる。
読み進めるスピードは止めることが出来ずに、1日かからず読み終えてしまいました。
芸人さんならではの台詞の言い回しやユーモアが織り混ぜられており、思わず何度も吹き出してしまいました。読み終えてからも、面白かったシーンは鮮明に覚えていて今でもそのシーンを目撃した読者と語りたい気持ちになっています。

物語としては
他者を受け入れられず他者に対して否定的で認めず、絶対的に自分主義社会を作り上げている売れない作家:永田
演劇をする名目で東京に進学し人懐っこい性格と底抜けにポジティブで明るい印象を与える人に愛される女子大学生:沙紀

この決して交わることのないような火と油の様な存在の二人がある出来事をきっかけに出逢い、恋仲に発展していって主にはその平凡でありながらも実際に経験する事のないような恋愛模様を長きに渡って追っていくという様な物語でした。
登場する町全体が私にとっては'劇場'の様に映り、時間の流れ、季節の動き、街の動きや人物の変化...全てが繊細に描かれており、私もその'劇場(町)'に住んでいて二人の仲を追いかけて見届けている様な錯覚に陥りました。
登場する人物に私も喜怒哀楽を刺激されて、愛くるしいなと思ったり、その人となりを文からもしっかり受けとることができました。
どういった幕閉じになるかは是非、ご自身で舞台に立って確認してみてください。

又吉さんの作品ははじめて読ませて頂いたのですが'天晴れ'としか言いようがありませんでした。人の心を掴むような文を作られるのは羨ましい限りです。

5人へ

得体の知れない僕を守ってくれたのは貴方達でした。
よく聞き間違いされる僕の名前を広めてくれたのは貴方達でした。
"命を懸けて守るよ"そう言ってくれた貴方の言葉は僕の胸を温かく包み込み幸せを教えてくれました。

ありがとう、ありがとう。

一人が旅立ったその時、僕を箱に閉じ込めようとした貴方達は、やっぱり...そう言って蓋を開けてそっと拾い上げてくれました。
僕らの驚異になってくれ、そんな言葉を彼に向けていましたね。

僕を背負って立つのはどんな気持ちですか?
僕は貴方にとってなんですか?
僕のことを生きる意味とゆうきみ、
僕のことを自分に流れる血液とゆうきみ、
僕は愛される喜びを感じました。

ありがとう、ありがとう。

僕の名前はSMAP
SNAPでもSPAMでもないSMAP
僕は愛されることで力をつけたSMAP
僕は彼等と生涯を共にする事が出来るのかなぁ?

これからも一緒に居よう
SMAPは僕らの武器だ
そう言って皆で笑っていた時に
彼等の間に刀が降り注いだのを覚えています。

SMAPはこんな事では終わらない、
命を懸けてSMAPを守るよ。

そう言って不安な僕に力をくれました。
なのに、どんどん刀の数は増えていって
5人が傷ついていくのを僕は見ました。

愛してます、
それじゃまた、、
そう告げられて僕は
鍵のかかった箱へ大切にしまわれました。

またね。
僕はいつまでも貴方達を待ってる。
僕に愛を教えてくれた君達をずっと待ってる。

存在証明

\\無限の住人//公開日がやって来ました。
\\無限の住人//無事、見終えました!!
実写不可だと言われていた作品とゆうことで、そんな作品のしかも主演を大好きな木村くんがさせてもらえるとなって製作発表されてから、とにかく公開を心待にしていたものです。

三池さんといえば過去に"13人の刺客"で吾郎ちゃんがお世話になっていて、三池さんのあの"圧倒させるアクション"や"感情を揺さぶる残虐さ"を役者:木村拓哉はどう表現するのかとワクワクしながら劇場に足を運びました。

モーニングショーにも関わらず"満席"とは言わなくても十分なお客様が足を運んでいて、世間からも期待度の高い作品なんだと少し嬉しくなりました。それでいて年齢層は幅広く、どちらかというと年配の男の方が多かったと思います。三池作品のファンや原作ファンの方も足を運んでくださっていたのでしょうか...!上映中は、やはり"三池組"の"三池作品"とゆうべきでしょうか、数々のシーンに耐えきれずに声をあげてしまっているお客様もちらほらみえました。
アクションシーンの動きは圧巻で目まぐるしく繰り返される互いの命を懸けた、熟練された技の繰り出しあいに見ていて何度も圧倒されました。
描写ひとつとっても細部にわたる細かな演出が素早く変化する映像のなかでもひとつひとつが輝いてみえました。
衣装や小物や風景、すべてを手にとって見てみたいほど、残虐な行為が多く見受けられる作品の中でも無機物の美しさ、語らぬものの美しさを感じました。

こんな言い方をしてしまったら語弊があるのですが"胸くそ悪い"シーンもそれなりにあるなかでブラックユーモアも含まれており、そこではきちんと劇場内の笑いをかっさらっていて「あっ...皆さんまだ笑う事はできるんだ。」なんて思ったりして安堵してしまいました。
そのくらいアクションだけではなく内容や人間模様、ストーリーも作り込まれていて思わず身を固めて見てしまう様なシーンが数々ありました。
正直に言うと見た直後はあまりの衝撃のストーリーの繰り返しに2度とお目にかかることはないだろう作品だな...と思ってしまうかもしれませんが、時間が経つにつれて"あの時の、あの気持ちをもう一度味わいたい!"とゆう人間の本能の部分を擽られているような感覚に陥ります。(←加筆現在)

人は欲望のままに生き、自分が一番の正義。
生きるためなら、欲望を叶えるためならどんな手段をとっても正義に塗り替えてそれが正しいと思って生きてゆく。そんな人間の中で"不死"の力を手に入れてしまった万次もまた、欲望は持っていた。
はじめこそ"生涯に幕を閉じる"とゆう欲望を叶えるためにかってでた"用心棒"とゆう仕事だったのかもしれないけれど、一人の少女と関わっていくにつれて"くたばらない"意思を確実にした一人の男。
皆が皆、自分のために生きている中で"不死"とゆう"死ぬほどめんどくせぇ"力を授かってしまった彼は人のために生きる選択をした。
ここで再び、心は滅んでいた彼は生かされたのかもしれない。
万次は風貌こそとても汚くて臭そうだが←
心がとても美しい男だった。
単眼で彼が生きる世界はどう見えているのだろう。
人間の事をどう見ているのだろう。
とにかく真っ直ぐ生きる彼に惚れて
彼がこの世界をどう思っているのか気になってしまった。
目から走る閃光、鋭い眼光。
不器用なのに温かい行動や発言。

「それでいいんだ。」
凜が万次から最大の決断を迫られて命を下した後に出た万次の笑顔と言葉が忘れられない。

彼の背中は大きくて温かくて心地よい。

そんな彼が今もどこかで誰かのために
地球とゆう限りある資源の中で
無限に生き続けている、そんな気がしてならない。




無限の住人 2017/04/29 公開
カンヌ国際映画祭招待作品

スクリーンで見て頂きたい、そこでしか味わえないような興奮と迫力がそこにはありました。欲にまみれた人間たちの真っ直ぐ生きる様を是非、劇場でご覧ください。

人の存在証明の方法は誰かに必要とされて、誰かのために生きたい、その思いが重なった時に成立する。
自分が必要とされていてはじめて自分の存在価値に気づくのかもしれない。
存在証明とゆうものはその時に得られる人間の特別な感情なのかもしれない。

おもいのままに

まだ高く飛べることは出来ないけれど
僕らはきっと高く高く長く長く長く
飛んでいられるようになるよ。
俺の手を絶対離すなよ...
辛くても苦しくても逃げんな。
俺が守ってやるから。俺を盾にしろ。
羽は傷だらけで血濡れていて
飛ぶ度に地上に血を降り注がせる。

f:id:fanttkuJ:20170331194212j:plain

目を背けるなよ、
お前らもいつかは俺の前に立つんだ。
俺を抜くんだ。
でも、そうなっても
命を懸けても俺は、お前らを守るよ。

f:id:fanttkuJ:20170331194241j:plain

まだ...俺は高く高く飛びたいんだ。
もっともっと色んな景色が見たいんだ。
どうして皆を守る翼を折ったんだ。

青、青、青、青....
どうしてお前の片翼である、この俺が
お前の翼を治せないんだ?繋げられないんだ?
どうして、どうして、どうして....

身動きのとれない青を覆う様に盾になる
赤の背中にも沢山の刃が降り注いで
傷だらけになっていた。

どうして、どうして....

なぁ、青。
どうして俺はお前の翼を握れない?

ー目を背けるなよ、お前らもいつか
俺(達)の前に立つんだ。
俺(達)を抜くんだ。ー

.
.
.

これ以上、僕らの"道しるべ"が傷つかないように
ねぇ、ねぇ、ねぇ....
僕らは盾になれているかな?


踏まれて、蹴られて、傷つけられても
あなた達を守れるようになってきた。
それが僕たちの喜びだよ。

そうして5羽は重なりあってひとつになった。
5羽から流れる血は交じり合った。

血を流して重なり合う5羽は動かなくなった。
そんな5羽に陽が射して

........は涙を流した。

.
.
.
.
.

ーもう一度、咲きなさい。ー


キラキラと輝く光に包まれて
ひとつになった5羽は上に、上にと伸びてゆき
流した血は土に還り
青・赤・桃・黄・緑...
様々な色をつけた花を咲かせた。

僕らはまだまだ小さいね、と桃は笑う。
あの時の傷を忘れるな、と赤は言う。
生きる意味を見つけた、と黄は微笑む。
生涯この花で居たい、と緑は誇る。

5つで居ることが最大の武器だ、と青は語る。

とある一軒の花屋の近くの
陽のあたりづらい路地裏に咲いた
見たこともないその花は
後に沢山の人々に知られて慕われて

"SMAP"と名付けられて愛される。

f:id:fanttkuJ:20170331201346j:plain

5羽

f:id:fanttkuJ:20170308134621j:plain

絶対俺達から離れるなよ、
何があってもだ。
突然ひとつに集められた鳥達は不安定な飛行で駆ける、懸ける。
理屈は文句は二の次だ、先ずは挑戦しろ、駄目なら俺達がフォローする。
2羽の先頭を飛ぶ鳥は仕切りに後ろを振り返りながらそう声をあげる。
3羽はボロボロになりながらも、正しいのかさえも分からずに、ただ2羽を信じて飛んだ。何故なら2羽の羽も身も自分達の比べ物にならないくらいに傷だらけで汚かったからだ。
いつか、自分達も先頭で飛べる様になりたいと思う様になった。
彼等の飛行はまだまだ下手くそで不安定で強い風が吹いて吹き飛ばされそうになる。大粒の雨が降ってはほんの時々大きな虹がかかる。
あまり天候に恵まれない5羽だったが飛ぶ事をやめなかった。
なんで?と問われたときに彼等はいつしか口を揃えて答えた。
俺達は休む事が嫌いだから。
どれだけ、どこまで飛んできたかは分からなくなってきた。
そんな瞬間、そっと静かに2羽の前を飛ぶ3羽を見た。
2羽は嬉しそうに少しだけペースを落として力を抜く飛び方を覚えた。
3羽は集合体を守れる力をいつの間にか身につけていた。
いつしかフォーメーションは365日、24時間、色んな形に変化した。
守り、守られ、離れて戻って、、
新たな力を集合体にもたらすために1羽で飛んではまた戻ってくる。そうしてどんどんどんどん5羽の集合体は大きくなって名前を知られるようになって注目される様になった。
天候に恵まれる様になってきたそんな時に先頭をずっと走っていた2羽の片翼が声をあげる。
"初心忘れるべからず"と。

彼等はいつしかこの集合体を自分の第二の場所だと、生きる意味だと、流れる血液だと、帰れる場所だと、酸素だと口々に言う様になった。
なんの意味もなかったその場所が集合体が知らぬ間に生き甲斐で生きている意味になっていた。

そんな時だった。突如として大きな大きな刃のような闇が羽ばたき続けている彼等の前に現れた。

集合体はみんな、頑張った。
学んだこともないような事にも立ち向かった。



誰も、悪くない。

最後にそれだけ言って切り刻まれ、離された。

f:id:fanttkuJ:20170308134938j:plain

→物語は、まだ終わらない

1人のSMAPファンの愚痴

地球に生まれて人間として日本に生まれて世間一般でゆう"成人"になって少し経ちましたが、今でも私の人生のほぼほぼをSMAPが彩っています。
今年はやっぱり色々あってありすぎて....
愚痴なんて言ってる場合じゃないけど体の毒素を出しきってまた前に進むから...
これはただの一人のSMAPファンの愚痴です。
総意ではないです。それだけは覚えていてください。

SMAPに対して不仲だの引退だの病んでるだの色んな事が世間では言われています。

こんなのは毎年の恒例行事、定期イベントであるからどうだってよかったんです去年までは。
あーーーはいはい。彼らも彼らで悪いよ。馴れ合って「俺たちSMAP仲良しです!SMAPの友情は永遠です!」とかを見せつけるの嫌いだしダサイと思ってるしだからこそそういう風に書かれちゃうんだよ。でもわかってる、大丈夫だよ。私はずっとあなたたちを見てきたから。何よりも四人のためにSMAPのためにって色んな仕事を受けてるんだもんね。

例えSMAPが熱湯に浸けられようがプールで相撲して傷つけられようが「え?まって?それってSMAPしなくちゃいけないの?」ってことでも笑ってすぎてきていました。(実際SMAPはおいしいし、うまいこと乗り越えるから)

だからこそ私は「あー、、SMAPがどんな目に遭わされたら私は怒れるんだろ。きっとそんな日は来ないんだろうな。」なんてよく考えてました。

2016年、すべてが覆されたわけですが。

「ーらしい」「ーだ」

一体誰に聞いたの?本人たち、何も言ってないよね?ってゆう事があまりにも多すぎるとキャパを越えて振りきれてしまって「こんなに日本の話題を席巻してるSMAPすげぇな」なんて脳内お花畑なことも何度も考えていたがさすがの私も

ー本人達の意思のない解散ー

をどこも報じないこの日本とゆう国って大丈夫なの?と思うようになりました。
SMAPが好きです。」って言えば
「あっ...」とか「でも仲悪いんだよね?」とか
「仲違いで解散しちゃうね。」
腫れ物を扱うような顔して「?」を投げ掛けてくるくせに「させられるんです。」って言い直しても「でも...」ってなる。ポイズン。

「解散したいんだからすればいいじゃん」
いや、本人から聞いたんですかね。あんな本人の署名もない紙切れ一枚とただただ原稿読まされてるだけの解散宣言から何を感じてんですか公開処刑ですあんなもの。。

だからこそ叫び続けてるんですよ。SMAPがね「もう疲れたから解散します」とでも言ってくれたらちょっとずつでも認めるよ、しょうがないもん。ただね、大好きなもんをぶんどられる気持ちわかりますか。あなたの大好きなもの、何でもいいですそれを大事に大事に両手で抱えてたところからおもっきりぶんどられるんです。こっちは表情すら動かすまもなくね。暴力ですよ、そんなもの。ビリっビリのボロッボロにしたうえで変なイメージまでつけられてきったないゴミ箱にポーイって突っ込まれたような状態ですよ、今。黙ってられますか。無理です、だって私にとってのSMAPは永遠の憧れて永遠の恋人で生ける伝説なんだもん。皆さんの大切なものに置き換えてくれたらとっても分かりやすいはずだと思うんだけどな。
きもいとかきしょいとかは言われなれてるからいいんです。それくらいSMAPのこと大事で大好きだから。

まぁいいさ、見ててくれればわかるさ。SMAPなめんなよ、なんて思っていたら次は

SMAPファンは◯◯を望んでいる」
SMAPファンは◯◯が嫌い」
SMAPファンに聞いた、、、」
SMAPファンは冗談が通じない」

いやいや誰だよそのSMAPファンのご意見番。笑
ファンの一番の願いなんて解散撤回に決まってんだろ。と笑えてくるのと同時にSMAPファンってゆうただの一般人をわざわざ大々的に報じたり記事にしたりしてファンに対してテレビに出るような人がコメントを出したりして何が楽しいんだろう?ただのファンだよ?SMAPが好きってだけだよ?
こうなってありがたかったのがSMAPの気持ちを少し本当に少しだよ?!(塩一粒くらい)ばかり分かってあげられるようになったのかなってことだけだよね。
SMAPもこうして自分の意見とすり替えられて報道されてきたんだ...そんな弾丸バンバン撃ち込まれながらもうちらに沢山の笑顔とか夢とか希望をくれてたんだと思うとやっぱり感謝しかないし守りたいって心から思うよ。
これを機に諦めるなんて思われたらたまらない。
これを機にまた踏ん張れるんだから。

SMAP仕込みの諦めの悪さですから。

f:id:fanttkuJ:20161115131104j:plain

昨日から5日間アンケート実施しとります、お時間あるーSMAPファンーの皆様是非。

最後絶対に笑うのはSMAPだ。
ぜっっったい諦めない。


そしておおくの素敵なSMAPファンの皆様
今年はライブも出来ないんだよ。
5人で5人の曲を全然歌って踊ってもないんだよ。
5人での雑誌取材もないんだよ。
、、、、、*お花、摘もうよ*
時間がないよ。11月で、何とかしませんか。