冷し中華は1月2日から

SMAPと関ジャニ∞

2016年1月18日

冷静を失った人は余りにも崩れやすい、そう痛感した。この日、SMAPは騒動以来初めて5人揃って公の場へと姿を表してくれた。彼らは私の勝手に思っていた言葉を並べてくれなかった。
あの会見を見て、開口一番に出た言葉は
「ちがう、ちがう、悔しい。ちがう。」だった。

彼らの表情、言葉に詰まる顔。赤く滲んだ瞳。

私の望んだ"SMAP存続"は間違いだったのか。
私は彼らを苦しめているだけなのではないか。
SMAPという拘束具を着けてギュウギュウに縛り付けて傷つけているのではないか。
それならば...だったら.....そんなことまで考えた。

そして、ふと冷静になる。"何が、違うんだろう。"と。自分の中で何が違って何が悔しかったんだろう。
もう一度、見ると歴然だった。
普段、人にものを伝えることを大事に行うはずのカメラをまっすぐ見据えるはずの5人が全くカメラを見ていなかった。5人とも、が。
中居くんと剛くんに関してはずっと下を向いて一切カメラを見ることはなかった。

木村くんは報道の流れもあり、中心に立って話してくれた。一番、話してくれた。でも、普段の彼を考えると、余りにも単調にしゃべりすぎている。なんの感情もなく、そして"SMAPの空中分解"私はこれがどうにも引っ掛かる。彼はSMAPの中でこの騒動に関して一番に口を開いた。"いつか自分達の言葉で伝えられるまで信じて待っていてください。" "我々SMAPでオリジナルスマイル"
いつだって人と真っ直ぐ向き合う事を大切にする彼がこんな発言をするなんてどうにも信じられない。

吾郎ちゃんは、冷静そうな発言の中に見え隠れする"無理"が見えた。大きく息を吸って言葉を述べる。いつも、流れるように出る綺麗な言葉が詰まって"えー"を連呼してしまっている。

慎吾は喋りだす前に親指で自分の腕を撫でて一度、手をギュッと握り直して言葉を発している。この時点で彼が"何か"を我慢して言葉を紡いでいるのが伝わる。言葉が詰まるのもそうだし、普段だったら目に涙を一杯ためて話すはずの彼から涙が流れなかった。話終えたあとも自分の腕を数回撫でて俯いたまま。

中居くんは明らかに見たことない表情を浮かべていた。しきり動く瞳、カメラをチラッとしかみない。そして、何より自分の手を強くつねっている。頬がこけて痩せてしまっている。大きくため息をつく、人に言葉をおくるとき、そんな彼を始めて見た。

剛くんは脚を開きながら全くカメラをみない。一切噛むことなく、まるでいされてるような台詞を並べる、坦々と喋り、時間に限りがあるわけではないのに不自然にinする木村くん。

2分43秒でまとめろ、と言われたのか。
そうにはみえなかった。
どう考えても本心ではない、そう思った。

5人が5人とも私の知っている5人ではなかった。
立ち位置まで決められて、陳列される。
まるで人形のような、生気のない。。。
そんな風に私の目には写ってしまった。

素直でいつも、真っ直ぐ人と向き合ってくれる彼らだからこそ、私はそんな違和感に冷静になって気づけたんだろう。

そんな悔しくて惨めでどうしようもない、思いのなか彼らは必死に必死にSMAPを守ろうと傷をおってくれた。
私はもう二度と、応援してていいのかな?なんていうのをやめることを誓った。
彼らが苦しい道を選んでくれた、彼らがSMAPでいてくれることを諦めなかった。
あんな思いをしてまでも守ってくれたSMAPを、SMAPに、どうか少しでも貢献できるように。。

年末に中居くんは初めて、SMAP SHOPというSMAPファンが集まる場に木村くんと姿を表した。
二人で、だ。

そして騒動後、
木村くんは
"自分達の言葉で伝えられるまで信じて待っていてください。"とのべた。
中居くんは
"2016年、今年は踏ん張る。踏ん張ります。とにかくワサワサせず踏ん張る年にしようかな。"

これが真実だと思う。毎日毎日いろんな記事が出る。でも、SMAPがそれを述べない限り、頑張って頑張って信じないようにしよう、と思う。彼らは静観することしかできない。言いたいことものべれない、そんな歯がゆい状況の中でも私たちに笑顔を向けてくれるのにそれを鵜呑みにして冷静さを失うことは、もうやめたい。

いつか、また、極上の景色を5人に見せたい。
キラキラ光るペンラの海も、またみせたい。
SMAPの武器は5人でいること。
その気持ちをもって前進してください。
f:id:fanttkuJ:20160120000301j:plain
私の第二の名字は"SMAPのファン"です。
こんなに誇らしいことはありません。

一緒に、大事にさせてください。


沈んだ太陽は必ず昇るんだから。